• HOME
  • センター概要
  • 法人概要

法人概要

一般財団法人北海道建設技術センターは、建設事業に関する技術力等の向上及びその普及を図るとともに、建設事業の円滑で効率的な執行を支援することなどにより、良質な社会資本の整備を推進し、もって道民の福祉の向上に寄与することを目的としています。

定 款

概 要
名  称 一般財団法人北海道建設技術センター
所 在 地 〒065-0033
札幌市東区北33条東1丁目1番1号
設立・沿革 平成5年5月12日 財団法人北海道建設技術センター設立
平成25年4月1日 一般財団法人に移行
基本財産 1億8,311万円(平成27年3月31日現在)


事業内容
1 建設技術等に関する研修及び国際交流事業
建設事業に携わる技術職員を対象とした、各種技術研修を実施するとともに、一般市民を対象とした、まちづくりや防災に関する講演会等を行っています。また、研修会・講習会等への講師派遣も行っています。

技術職員研修
  • 下水道実務研修
  • 災害復旧実務研修 等
  • 市町村道実務研修

北海道土木積算システム研修
  • 積算システム操作技術の研修

建設業界への研修・講習会
  • 災害復旧事業講習会
  • 土木工事実務研修会 等

一般市民対象の研修
  • 津波防災地域づくり講演会
  • まちなか活性化セミナー


2 建設事業に関する調査研究及び広報事業
建設事業に関する新技術・新工法や新しい制度の調査研究等を行い、各種研修等にも反映しています。

新技術・新工法や新しい制度の調査研究
  • 入札契約制度
  • コンストラクションマネジメント
  • 広域連携
  • 再生可能エネルギー

研究会への参画
  • 北海道河川環境研究会

社会基盤整備等に係わる諸課題の調査研究
 

3 建設事業に関する発注者支援事業
発注者支援業務として、土木事業及び建築事業の積算、工事監理、検査、総合評価関連業務等を受託しています。

土木事業の総合支援
  • 道路、河川、漁港等の積算資料作成支援
  • 災害復旧支援
  • 特殊・高度な工事の施工監理
  • 工事書類検査、現地検査
  • 総合評価の導入支援、技術審査支援
  • 橋梁長寿命化支援

建設事業の総合的なマネジメント
  • 基本構想策定
  • 設計積算の審査・指導
  • 監督員補助
  • 入札・契約業務の補完

  • 検査補助

橋梁点検の支援
  • 委託設計書作成
  • 点検診断内容確認
  • 予算要求資料作成 など
  • 入札事務
  • データ保管管理
  • 関係機関協議
  • 次期点検計画(案)作成
  • コンサルタントへの指示


4 建設事業に関する電子情報化促進事業
建設事業に関する電子情報化の促進のため、電子データ化支援、システム運用管理を行っています。行政・土木技術・情報技術に関する知見をバランスよく活用し、使いやすいシステムの運用を進めています。

CALS/ECの普及支援
  • 地方版CALS/EC推進支援
  • 北海道建設部運用支援(ガイドライン作成)

各種システムの運用管理
  • 工事施工情報共有システム
  • 道路現況システム
  • 防災情報共有化システム
  • 道路管理情報システム   など


5 建設産業の振興に関する事業
北海道内の建設産業の振興に資するため、一般社団法人北海道建設業協会およびモンゴル建設業協会との三者で締結した技術協力覚書に基づく事業を推進しています。

モンゴル人技術者道内現場研修受入